介護タクシーを利用しよう!高齢者にオススメなサービスとは

人気のサービス

高齢化が進む日本では、介護や福祉関係のサービスの需要が高まりつつあります。その中でも、最近では「介護タクシー」が注目されています。注目度が増すにつれ介護タクシー事業を起業する方も増え、利用者にとってはもちろん事業者にとっても便利なサービス体制が整ってきているのです。そんな介護タクシーのメリット・デメリットをまずは利用者目線でチェックしましょう。

介護タクシーのメリット・デメリット

メリット

・介護施設に到着するまでスムーズ
・外出先で事故する心配がない
・重い荷物などあっても職員が運んでくれる

デメリット

・移動手段が車と固定されている
・実費負担の部分が多い
・不親切なドライバーの可能性もある

介護タクシーを利用しよう!高齢者にオススメなサービスとは

介護

そもそも介護タクシーって何?

介護タクシーは高齢者や障害者などの移動をサポートするタクシーで、老人ホームのデイサービスを使う方などに多く利用されています。そんな介護タクシーを運営している会社は様々ですが、今や独立や起業をサポートする会社の手を借り、独立して事業を始めている人も珍しくありません。人の役に立ちたい、助け合いの精神は介護を必要とする人にとって非常にありがたいものでしょう。また、介護タクシーの中には一部保険を利用することも可能なものがあるため、利用者の負担もきちんと軽減できるのです。

介護タクシーの利用対象者

介護タクシーは誰でも使えるというわけでもなく、介護度が要介護1以上の人、公共の乗り物に1人で乗車できない人、介護士から移動手段が必要と判断されている人のいずれかに該当する必要があります。なお、特別養護老人ホームや老人保健施設などに入居している方は介護保険の利用対象外なので注意が必要です。

介護タクシーのサービス内容

リハビリや透析、整骨院を含む、医療機関や老人ホームへの通院や市町村役場などの手続きで介護タクシーは利用することが可能です。また、運営している会社によっては金融機関の手続き、引き落としや選挙投票にも対応してくれるところもあります。

介護タクシーの利用費

介護タクシーは移送を伴なう介護なので、当然のこと費用が発生します。移送料金は運賃と介護保険サービス、それに加えて迎車料金や待機料金も実費負担となります。費用について詳しく知りたいというのであれば、事前に介護タクシーの運営の会社に聞いておくといいでしょう。

ココがポイント!

介護タクシーを運転してくれる方も介護関係の資格を持っています。そのため、介護タクシーは安全性が確保されている交通手段と言えるでしょう。

広告募集中