アトピー対策には食品選びが重要|バランスのよい食生活を

健康的な体作りのため

サプリを持つ手

悪玉菌の影響

大腸に運ばれた食べ物は、善玉菌と悪玉菌によって分解されます。そして善玉菌に分解されると栄養分になりますが、悪玉菌に分解されると毒素となるのです。そのため大腸内に悪玉菌が多くいると、それだけ毒素が発生しやすくなります。その毒素により、便秘や下痢、肌荒れや浮腫みといった様々なトラブルが生じるようになるのです。しかし乳酸菌のサプリメントを飲むと、その悪玉菌の勢いを抑えることができます。悪玉菌の力が弱まれば、上記のトラブルは起こりにくくなりますし、善玉菌がしっかりと働くことができるようになるので、体の栄養状態はどんどん良くなっていきます。このように乳酸菌のサプリメントは、健康的な体作りには、非常に役立つ健康食品なのです。

食後に飲むことが効果的

乳酸菌のサプリメントは、飲むタイミングによって効果の出方が異なってきます。最も効果の出やすいタイミングは、食後です。なぜなら食べた物は胃や小腸を通過して大腸へと運ばれるので、乳酸菌のサプリメントもその流れに乗ることで、大腸にスムーズに到達するからです。逆に空腹時に飲んだ場合には、食べ物による流れがない分、乳酸菌のサプリメントは大腸に届きにくくなります。さらに、胃の中の食べ物は胃酸によって溶かされるのですが、その食べ物が存在していない時には、乳酸菌のサプリメントはまともに胃酸の影響を受けます。つまり溶かされるということですから、大腸でしっかりと働くことができなくなります。こういった理由から、乳酸菌のサプリメントは、食後に飲むことが最も良いとされているのです。